日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)を巡り、事前同意権を持つ同県那珂市の海野徹市長は22日、共同通信の単独インタビューに応じ、「原発に反対だ。危険な物は稼働させない方がいい」と述べ、再稼働に反対の考えを表明した。同意対象の地元6市村のうち、賛否を明確にしたのは海野氏が初めて。

 インタビューで日本原子力発電東海第2原発の再稼働に反対の考えを表明した茨城県那珂市の海野徹市長=22日、那珂市役所

 反対の理由として「避難時、地震などで道路が陥没して通れなくなる可能性もある」とし、実効性のある避難計画の策定は「無理だ」と述べた。

 東海第2は半径30キロ圏に全国の原発で最多の96万人が暮らす。(共同通信)