大弦小弦

[大弦小弦]サッカーJ3のFC琉球がすごいことになっている…

2018年10月23日 07:41

 サッカーJ3のFC琉球がすごいことになっている。現在18勝5分け4敗とぶっちぎりで首位を走り、J2に自動昇格する2位以内の確定が目前に迫る

▼今季ここまでの得点は59、失点はわずか28。なかなか点が入らない競技なのに単純計算で1試合2発のシュートが決まる。特にホーム戦は10勝4分けと負けなしで、つまらないはずがない

▼3年目の金鍾成監督が掲げるのは「3対1で勝つサッカー」。先制し、同点にされてもさらに2点を奪って勝つ。決して守りに入らない超攻撃的スタイル

▼20日、アウェーの鳥取戦のネット速報に見入った。1-1でロスタイムに入り、「負けなかったからいいや」と諦めていると枝本雄一郎、中川風希両選手がまさかの連続ゴール。最後まで攻め抜くスタイルの実践に驚くしかなかった

▼球団が誕生した15年前、職や住居、食事にも困る選手ばかりだった。県リーグ、九州リーグ、JFLで戦ってきたが経営難や2度の運営会社変更、選手の大量離脱などと苦難ばかり。それでも上を目指して戦う姿に心を打たれた人々が試合に足を運び、資金集めにも奔走した

▼そんな琉球が今、自力でJ2の扉を開けようとしている。天王山は28日のアウェー戦と11月3日のホーム戦。沖縄で、プロサッカーが花咲く瞬間に注目だ。応援歌「琉球愛歌」を歌いたい。(磯野直)

基地で働く―軍作業員の戦後
沖縄タイムス社
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 352,603
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
アクセスランキング