【東京】沖縄県酒類製造業連絡協議会の嘉手苅義男会長(オリオンビール会長)と佐久本学副会長(県酒造組合会長)は22日、自民党本部に二階俊博幹事長らを訪ね、2019年5月に期限を迎える酒税軽減措置の延長を求めた。軽減が雇用の創出や県民生活にも寄与していることを訴えた。