【名護】汀間区の拝所、通称「ウガミグヮ」の林に自生していた大木が台風24号で倒れた。区民らが9日、撤去作業に追われ、「名残惜しい。残念」と声が上がった。ウガミグヮにはリュウキュウハリギリやサキシマスオウノキ、アコウなどの大木がそびえ立つ。