【イスタンブール共同】トルコのエルドアン大統領は23日、サウジアラビア政府を批判してきたサウジ人記者ジャマル・カショギ氏が死亡した事件について、計画的な殺人だったと指摘し、偶発的な格闘の末に死亡したとするサウジ側の見解を全面否定した。また、情報要員や治安要員に責任を負わせるだけではわれわれも国際社会も納得しないと述べ、サウジ側に指揮系統を解明するよう要求した。首都アンカラの国会での演説で語った。

 23日、トルコの首都アンカラの国会で演説するエルドアン大統領(トルコ大統領府提供・ゲッティ=共同)

 エルドアン氏は殺害の証拠もあるとしたが、具体的な言及はなかった。(共同通信)