山口県柳井市と離島の周防大島町を結ぶ大島大橋に貨物船が衝突したとみられる事故で、県は23日も安全確認や損傷状況の調査を続けた。22日夜からは橋の全面通行止めも実施。橋を通り、町に水を供給する水道管が損傷したことによる断水も続いた。県は仮の水道管を設置するほか、24日から通行止めを制限付きで解除するが、復旧には時間がかかりそうだ。

 山口県柳井市と離島の周防大島町を結ぶ大島大橋が通行止めとなり、同町へ向かう臨時連絡船を利用する人たち=23日午後、山口県柳井市

 通行止めにより柳井市への唯一の陸路が断たれ、町は同市と往来する住民らのために臨時連絡船を運航している。

 県は23日の対策会議で24日午前7時から強風の場合を除き、総重量が2トン以下の乗用車などの片側通行を認める方針を確認した。(共同通信)