戦時下最大の言論弾圧とされる「横浜事件」で、特高警察による拷問を受けたとして、中央公論編集者だった故木村亨さんら元被告2人=再審で免訴確定=の遺族が国家賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は24日、遺族側の控訴を棄却した。1947年の国家賠償法施行より前の公務員の違法行為に、国は賠償責任を負わないとして請求を棄却した一審判決を支持した。

 東京高裁の判決を受け、記者会見する故木村亨さんの妻まきさん(左)=24日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

 判決によると、2人は43年、共産党再建を図ったとの疑いで神奈川県の特高警察に身柄を拘束され、激しい拷問を受けた。治安維持法違反で有罪となり、その後、裁判記録は焼却された。05年に再審開始が決まり、免訴判決が確定した。(共同通信)