中央省庁の水増し問題を契機に障害者雇用への関心が高まっている。2014年に日本で初めて障害者のための労働組合「ソーシャルハートフルユニオン」(東京)を結成した久保修一書記長(53)に、官民の現場で浮かぶ課題を聞いた。(3面参照) −政府は19年中に約4千人の採用を目指す。