クレジットカード運営会社大手のマスターカード(米国)がこのほど調査した「2018年度世界渡航先ランキング」で、09年から17年の間で世界の旅行先のうち、宿泊を伴う渡航者数の年間平均成長率と、渡航者の消費額の増加率が、最も伸びた先として沖縄が世界一となった。