県中小企業家同友会が25日発表した7~9月期の景況調査は、会員企業の景況感を示す業況判断DIは前期から13・7ポイント後退し16・2となった。人材不足や台風などの影響を受け製造業以外の4業種で後退した。しかし、2015年4~6月期から14期連続でプラスとなっている。