沖縄県などが25日に発表した児童・生徒の問題行動・不登校調査結果では、いじめや不登校が多い沖縄の課題が改めて浮かび上がった。教員など子どもに関わる関係者は、背景に経済的な困窮や学校生活の管理化があると指摘。調査結果を子どもからのSOSと受け止め、対策を進める重要性を訴えた。