億単位の大金が庶民の懐を出入りすれば、どうなるか。アクの強い億万長者たちが連発する放言で、金の価値が哲学的に浮かび上がってくる。 借金苦で妻子と離ればなれになった一男。昼夜仕事を掛け持ちする日々の中、宝くじで3億円獲得する。