億単位の大金が庶民の懐を出入りすれば、どうなるか。アクの強い億万長者たちが連発する放言で、金の価値が哲学的に浮かび上がってくる。

億男

 借金苦で妻子と離ればなれになった一男。昼夜仕事を掛け持ちする日々の中、宝くじで3億円獲得する。使い道を失敗すまい、と起業して成功した親友・九十九に相談したが、持ち逃げされる。行方を追うため、旧友のセレブな仕事仲間たちを尋ねていく。

 作品が放つのは「お金と幸せ」という問い。手あかがついたテーマでも、局面ごとに深く考えさせられるのは、登場人物たちの言葉が荒々しくも明解だからかもしれない。互いに不器用な凡人と天才が親友という設定は後半になるほど意味合いが増していく。

 川村元気の同名小説が原作。物語全体に横たわる古典落語「芝浜」は、小説よりも展開に深く食い込んでいる印象。(学芸部・松田興平)

シネマライカム、サザンプレックスで上映中