三井不動産(東京都、菰田正信社長)は23日、恩納村名嘉真の伊武部ビーチに面した「ハレクラニ沖縄」(360室)の開業日が2019年7月26日に決まったと発表した。宿泊予約は同年2月から受け付ける。

夕景を望むハレクラニ沖縄のロビーのイメージ図(三井不動産提供)

 ハレクラニはハワイのワイキキビーチにある高級ホテルブランド。ハレクラニ沖縄は、1917年の創業以来初の2号店となる。ハレクラニはハワイ語で「天国にふさわしい館」を意味する。

 客室の広さは1部屋当たり50~294平方メートルで、ヴィラは5棟。インテリアは、ハワイのハレクラニと同じシャンパリモーデザイン社が手掛けた。レストランはステーキ&ワイン、日本料理を含め四つあり、フレンチベースの「イノベーティブ」では、ミシュラン二つ星シェフの川手寛康氏がメニューを監修する。

 吉江潤総支配人は同日、沖縄タイムス社を訪れ「ハレクラニ沖縄で働く全ての人が楽しく誇りを持てるホテルにし、お客さま一人一人に感動を与えたい」と話した。