沖縄タイムス+プラス ニュース

プロ野球ドラフト:故郷沖縄を離れ、腕磨く 「早く1軍に」ベイ育成1位・宮城滝太

2018年10月26日 14:49

 沖縄を離れ、滋賀学園高で右腕を磨いて2年半。宮城滝太投手(嘉手納中出)はDeNAから育成1位指名され、「まだ実感が湧かないけど、ホッとしています」と初々しく喜びを語った。

181センチの長身から最速141キロの直球を投げる滋賀学園の宮城滝太

 硬式野球の読谷ボーイズを経て同高へ進学。181センチの長身から投げ下ろす最速141キロの直球とスライダーが武器で、2017年春には選抜に出場した。それでも「先輩に連れて行ってもらった大会で、自分自身は全然結果を出せていない」と振り返る。「早く支配下登録されて、1軍のマウンドに上がりたい」と新たな舞台に意欲を示した。

 山口達也監督は「潜在能力が高く、寮生活を通じて人間的に大きくなった。一日でも早く支配下に入って、息の長い選手になってほしい」と活躍を願った。

 【プロフィール】宮城 滝太(みやぎ・だいた) 2000年7月15日生まれ。嘉手納町出身。嘉手納中時代、読谷ボーイズの右腕エースとして県大会優勝。滋賀学園高に進学し、2年生だった17年の全国選抜で好投した。最速141キロ。切れのあるスライダーが持ち味。181センチ、73キロ。右投げ右打ち。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS