沖縄タイムス+プラス ニュース

「辺野古」県民投票条例案が可決 沖縄県議会、与党の賛成多数

2018年10月26日 11:16

 沖縄県議会(新里米吉議長)は26日の最終本会議で、「辺野古新基地建設の賛否を問う県民投票条例案」について、与党提案の賛成、反対を問う2択の案を賛成多数で可決した。玉城デニー知事が期日を定め、条例公布から6カ月以内に実施する。

「辺野古新基地建設の賛否を問う県民投票条例案」を賛成多数で可決する県議会=26日午前、県議会

 与党は条例制定を求める9万2848筆の署名を集めた請求者の条例原案を基に、「賛成」と「反対」の2択で明確に問う案を提出。沖縄・自民、公明が反対、維新が退席、25人が賛成し、可決した。

 野党の沖縄・自民と中立の公明は回答の選択肢として賛否のほか、「やむを得ない」「どちらとも言えない」を加えた4択とする案を提出したが、賛成18人で否決された。

 与党案に賛成する県議は「4択では辺野古基地建設に対する民意をあいまいにする。請求者も4択に反対しており、署名した約10万人を超える県民への背信行為と言わざるを得ず、条例の趣旨を大きく逸脱する」と主張した。

 反対する県議は「『反対票が多い場合、普天間飛行場の固定化を容認したという誤ったメッセージを発信する』『賛成反対の2択では投票に行けない』という声がある。多様化する県民の思いを反映させるため選択肢を二つ増やし、提案する」と語った。

 中立の維新は「反対ではないが、最高裁が判断した中で、辺野古反対のための県民投票になるのではないかと考える」と退席の理由を説明した。

 条例では、県民投票に関する事務は知事が執行し、投票資格者の名簿調製、投開票の実施などを市町村の事務とすることとする、と定めている。賛否いずれか過半数の結果が投票資格者総数の4分の1以上に達した時には知事はその結果を告示し、尊重するとともに、日米両政府に結果を通知することになっている。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
沖縄タイムス社 採用情報
沖縄タイムス社 採用情報
定期採用試験の見送りと社会人採用の一時中断のお知らせ
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
「#やーでうちなー」プロジェクト
「#やーでうちなー」プロジェクト
今は行けない沖縄を感じる写真を、ウエブ会議の背景用に提供
乗り切ろうコロナ みんなのエール
乗り切ろうコロナ みんなのエール
新型コロナウイルス 危機を乗り越えるメッセージと写真を募集しています。 皆様のことばをお待ちしております。