【平安名純代・米国特約記者】英経済誌「エコノミスト」は6月25日発売号で、元海兵隊員の米軍属による暴行殺人事件が沖縄の米軍基地への抗議に火をつけたとし、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画に影響を与えるとの有識者らの見解を報じた。