10月30日の「世界のウチナーンチュの日」に向けた県のトークイベントで、国連の食糧支援機関「国連WFP」日本大使の知花くららさんが26日、「国連WFP日本大使の活動と故郷沖縄」と題して那覇市内で講演した。約370人が耳を傾けた。

国連での活動について報告する知花くららさん=26日、那覇市のパレット民劇場

 知花さんは11年ほど前から国連の活動に携わっている。これまでアフリカやアジアで関わった学校給食プログラムや被災地支援、難民キャンプ訪問などについて報告。どうしても解決できないようなことにも直面し葛藤もあったが「自分のできる小さなことを積み重ね、活動を続けるのが大事」と話し、聴衆から拍手を浴びた。

 外から地元を見つめると、紅型や人間国宝など沖縄が育んだ文化の素晴らしさが多くあると強調し、「ダイレクトに世界にアピールしたらいい」と述べた。