沖縄タイムス+プラス ニュース

防衛省、一部拒否に困惑 宮古島市長の陸自受け入れ表明

2016年6月27日 10:42

 宮古島への陸上自衛隊の配備を巡り、下地敏彦市長が旧大福牧場周辺での駐屯地建設を認めない意向を示した。「水源の保護」が表向きの理由だが、背景には来年1月の市長選を見据えた政治的な思惑ものぞく。計画変更を迫られた防衛省内からは困惑と同時に市長への恨み節が上がる。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気