大弦小弦

[大弦小弦]浦添高校在学中に3人で始めたバンド、モンゴル800が…

2018年10月30日 08:54

 浦添高校在学中に3人で始めたバンド、モンゴル800が結成20年を迎えた。県立博物館・美術館で開催中の「モンパチ展」には衣装やデザイン、初公開のアイテムが並ぶ

▼2013年1月に生放送の歌番組に出演した際、ボーカルの上江洌清作さんが着た水色のシャツも展示されていた。演奏前、司会とのトークでは無地だったシャツ。2分間のCMが終わり「小さな恋のうた」を歌い始めると、胸の部分に何か書いてあった

▼いつの間に書いたのか、「No!Nukes(原発反対)No!Osprey(オスプレイ反対)」の白い文字。清作さんは歌詞を一部変え、文字に手を当てながら「思いは届く 小さな島の 沖縄・東北の元へ」と歌った

▼当時は東日本大震災からやがて2年、沖縄にオスプレイが強行配備されてから3カ月たった頃。全国報道は少なくなり、現地以外では問題が終わったかのようだった。そんな中、被災者や県民に「忘れないよ」のメッセージを込めたのだと思う

▼人気は全国区なのに大手に属さず、沖縄発を貫いた20年。展示会は3人の試行錯誤に加え、県民に愛されたゆえの20年を感じさせてくれた

▼モンパチの歌には飾り気も気負いもない。だから直球で胸に響く。沖縄に暮らすからこそ抱くいとおしさ、悲しみ、怒りをメロディーに乗せ続けてほしい。(磯野直)

基地で働く―軍作業員の戦後
沖縄タイムス社
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 352,603

あわせて読みたい

関連リンク

大弦小弦のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS