県立博物館・美術館(田名真之館長)が発掘調査に取り組んでいる南城市の観光施設「ガンガラーの谷」にあるサキタリ洞遺跡で、県内最古となる約5500年前の赤色顔料が見つかったことが30日分かった。