沖縄県地域保健課は31日、沖縄市の20代男性と那覇市の40代男性が新たに風疹(三日はしか)に感染していたことを確認したと発表した。いずれも県内で感染したとみられる。

(資料写真)県庁

 県内では10月に患者が確認されて以降、計7人となった。

 国内では首都圏を中心に流行しており、国立感染症研究所の集計では、ことしに入って21日までに計1486人に上る。

 同課では、県外から風疹ウイルスが持ち込まれる恐れもあるとして、予防接種などでの予防を呼び掛けている。