独特の作風がSNSで人気を呼んでいる城間ゴンタさん(9)=長嶺小4年=が、2日から那覇市久茂地のイベントスペース「おきなわダイアログ」で展示会を開く。父でキャラクターデザイナーの城間英樹さん(42)が、ゴンタさんの落書きをSNSで紹介したところ反響が広がり、初の個展につながった。ゴンタさんは「緊張もするけど、たくさんの人に見てもらえるのってうれしい」と笑顔を見せる。

油性ペンを使って絵を描く城間ゴンタさん=10月28日、那覇市仲井真

 日ごろから自宅や英樹さんの職場で絵を描いているゴンタさん。英樹さんが「お題」として示す素材写真を見ながら、油性ペンで下書きなしで一気に描き上げる。「心をこめて描く、ちゃんと写真を見て描く、集中して描く。これがお父さんとの約束」と、絵を描く時の心構えを話す。

 英樹さんは「プロの目から見ると、構図のとらえ方や描き方が面白い。今の時期しか描けない、感性を大切にしたい」と期待を寄せた。

 展示会では、ゴンタさんが好きなスポーツを描いたシリーズを披露する。バスケやテニス、相撲やムエタイなど味わいのある作品が並ぶ。県内外のミュージシャンから依頼されたイベントのポスターなども展示する。

 展示会は4日まで。午前11時から午後8時。問い合わせはおきなわダイアログ、電話098(860)0336。