農水産物直売所や加工販売、レストラン、イベント広場などを備えたうるま市農水産業振興戦略拠点施設「うるマルシェ」が11月1日、オープンする。プレオープンした10月31日、地元住民らでにぎわい、県産野菜や地元の勝連産モズクを使った総菜などを楽しんだ。

「うるマルシェ」の公式サイト

 うるマルシェは「食を通じてうるま市を元気にする」をコンセプトに、一般社団プロモーションうるまとファーマーズ・フォレストの共同事業体「うるま未来プロジェクトグループ」が運営する。

 レストランや農産物直売所、キッチンスタジオなどに加え、地域資源を生かした着地型観光企画の拠点としての役割も予定されている。地域住民、生産者や観光客が集う「まちづくり拠点」として、同市や東海岸地域一帯の経済効果に期待が寄せられている。

 >> うるマルシェ公式サイト