【宮古島】元総合格闘家でタレントの須藤元気さん(40)が10月30日、市平良西原の「ミャークヅツ」のパレードに参加し、集落内を練り歩いた。同地域出身で、東京を拠点に三線教室を開く仲本光正さん(61)の下で三線を学んでいる縁から誘われた。須藤さんは「日本中どこにもない独自性のある祭り。島だからこそ残る伝統だと思うので多くの人に知ってほしい」と話した。

西原のミャークヅツに初参加した元総合格闘家でタレントの須藤元気さん=10月30日、市平良西原

 仲本さんから「祭りがあるからスーツとシャツとズボンを持ってきてね」と声を掛けられたが、理由は分からなかったが、「ここに来てその理由を知り驚いた」。

 コンデンスミルクで泡盛を割った「ミルク酒」も味わい「最初はどうかと思ったが、意外といけた」。オトーリも回して住民と触れ合い、島の文化を満喫した様子だった。