世界遺産登録審査推薦枠が1国1件になる2020年の審査に、政府が自然遺産候補の「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」を選んだのは、登録への確実性を重視したからだ。