沖縄タイムス+プラス ニュース

[有釣天]明け方の格闘 与那原で91センチ、8.3キロのオニヒラアジ

2018年11月3日 10:31

 与那原町の歩道に隣接する海岸に小魚を追ってオニヒラアジが接岸すると、明け方に多くのルアーマンが集結。10月24日、地元在住の高橋佑輔さんも釣友の宮城大さんと2人で参加。

与那原海岸で91センチ、8.3キロのオニヒラアジを釣った高橋佑輔さん=10月24日

与那原海岸で64.3センチ、2.45キロのオニヒラアジを釣った宮城大さん=10月24日

宜野湾海岸で62.5センチ、5.15キロのマクブを釣った知念良弥さん=10月27日

北大東島で140センチ、36.95キロのロウニンアジ釣った知花応樹さん=10月27日

都屋漁港で66センチ、4.58キロのタマンを釣った小橋川正行さん=10月27日

糸満海岸でシルイチャーを釣った金城邦洋さん=10月26日

西洲海岸で48.5センチ、2.06キロのガラサーミーバイを釣った松本武蔵さん=10月27日

東村の海岸で58.8センチ、2.9キロのカースビーを釣った玉城利彦さん=10月29日

与那原海岸で91センチ、8.3キロのオニヒラアジを釣った高橋佑輔さん=10月24日 与那原海岸で64.3センチ、2.45キロのオニヒラアジを釣った宮城大さん=10月24日 宜野湾海岸で62.5センチ、5.15キロのマクブを釣った知念良弥さん=10月27日 北大東島で140センチ、36.95キロのロウニンアジ釣った知花応樹さん=10月27日 都屋漁港で66センチ、4.58キロのタマンを釣った小橋川正行さん=10月27日 糸満海岸でシルイチャーを釣った金城邦洋さん=10月26日 西洲海岸で48.5センチ、2.06キロのガラサーミーバイを釣った松本武蔵さん=10月27日 東村の海岸で58.8センチ、2.9キロのカースビーを釣った玉城利彦さん=10月29日

 夜明け直前の薄暗い時間帯、突如として複数箇所でザブンザブンと海中を引っかき回したような渦と水しぶきが立つ。20ほどのルアーが一斉に投げ込まれると、ナブラの後方を追走した形となるベストな仕掛けにガツンとヒットする。少ない好機を得た数人の釣り人がスリリングな格闘を楽しむと、やがてベイトは遠くへ向かい海面は落ち着きを取り戻す。

 高橋さんは、キャストしたルアーに偶然掛かったベイトのスルルーを確認。他の釣り人から投げ込まれるルアーの傾向を分析し、あえて変化をつけようとブルースコードの琉球SP C60にチェンジした。さらに着水後、5メートル以上ある海底付近までルアーをフォールさせる。午前5時に強烈な魚の反応。40メートルも走られた末に慎重に取り込んだのは91センチ、8・3キロのオニヒラアジだった。

 大潮周りの夕マズメにタマンやガーラの実績が出る宜野湾海岸のポイント。新鮮なシガヤーダコの餌を仕入れてポイントへ向かった南城市の知念良弥さん。10月27日の午後4時にポイント入り。水深5メートルある海底に向かってロングキャスト。1時間後、タマンモンスター8号が大きく曲がる強烈な魚の反応。10分間も逃げ続け、最後は必死に手前のテトラに潜りこもうとした魚を浮かせると、胃袋にたくさんのカニを飲み込んだ62・5センチ、5・15キロのマクブだった。(釣りPower 名嘉山博)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気