来県中の宮腰光寛沖縄担当相は4日、本部港などを視察した。同港はクルーズ船による訪日客誘致の拠点となる「国際旅客船拠点形成湾港」に指定されており、整備状況を確認。平良武康本部町長は、クルーズ船による旅客数増加に備えた税関や検疫など入国管理機能の整備を求めた。