沖縄タイムス+プラス プレミアム

陸自容認提案に反発 意見まとまらず散会 宮古島・保良

2018年11月5日 08:06

 宮古島への陸上自衛隊配備で、防衛省が地対空、地対艦ミサイルの弾薬庫などの配備を計画する宮古島市城辺保良(ぼら)の保良部落会(砂川春美会長)は4日、臨時総会を開き、容認派住民提案の自衛隊員・家族宿舎の誘致と同省の補助メニューを活用した地域活性化策について議論した。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス プレミアムのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS