沖縄タイムス+プラス ニュース

県民に恩返ししたい プロ野球の「沖縄県人会」発足 12月8日に浦添でフェス

2018年11月6日 17:19

 沖縄県内の地域活性化やスポーツ振興などを目的に、プロ野球の県出身選手による「沖縄県人会」が10月末までに発足した。中日の又吉克樹投手が発起人。12月8日にANA SPORTS PARK浦添で「第1回プロ野球沖縄県人会ベースボールフェス」を開催し、本格的に始動する。

プロ野球沖縄県人会の設立をアピールする金城諒さん(提供)

 又吉は事務局を通じ「プロ野球沖縄県人会の設立は大変うれしく思います。現役の県出身選手とともに、さまざまな形で子どもたちや県民に恩返しをしていきたい。そのような活動を沖縄県人会を通して、継続的に行っていきたいと思います」とコメントした。

 県内でプロ野球選手の沖縄での自主キャンプなどを手掛ける金城諒さんが事務局長として県内窓口を担う。

 「又吉選手の『応援してもらっている人たちに、直接関わっていきたい』との思いがあった」と金城さん。野球を通じた静岡県の地域活性化に取り組む「プロ野球静岡県人会」をモデルに設立を進めてきた。

 今後は年1回のペースで野球教室などのイベントを実施する予定で、金城さんは「選手たちが『やりたい』と考えたものにも応えていきたい」と青写真を描く。将来的には選手のセカンドキャリアについても支援していく方向だ。 12月のベースボールフェスでは、県内小学生を対象にした野球教室を実施するほか一般向けのトークショーも企画している。11月5日現在で又吉の参加が決まっており、他球団選手についても各球団などを通して参加を呼び掛けている。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS