「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」新館の起工式が6日、石垣市真栄里の同ホテル敷地内であった。8階建てクラブタワー(会員制)含む3棟(計203室)で、客室数は既存の255室から458室に拡大。2020年5月完成、夏の開業を目指す。本館(12階建て)西側に新設する。鉄筋コンクリート造りで、延べ床面積は約2万2千平方メートル。クラブタワーにはプライベートルームやプールなどを完備する計画。

2020年夏の開業を目指す新館のロビーイメージ(ANAインターコンチネンタル石垣リゾート提供)

 施主のGICプライベートリミテッドのリー・コクサン最高投資責任者は同市の観光発展に自信をみせ「海外客も取り込み、石垣観光のさらなる底上げを図りたい」と述べた。

 式には、ホテルを運営するIHG・ANAホテルズグループジャパンのハンス・ハイリガーズ最高経営責任者や中山義隆市長らも出席した。