沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄防衛局は6日、同市の大浦湾で埋め立て工事に向け、立ち入り制限区域を示すフロートの設置を進めた。 米軍キャンプ・シュワブ沿岸の浜辺に並べられたフロートが作業船により引き出され、沖合に運ばれ設置された。