共同通信 ニュース

五輪体操会場の工事を公開、有明 世界最大規模の木製屋根

2018年11月7日 12:50

 2020年東京五輪の体操会場となる有明体操競技場(江東区)の建設工事で、世界最大規模となる木製屋根の梁の設置作業が7日、報道陣に公開された。地上で組み立てられた約200トンの巨大なアーチを最大で30メートルの高さまで少しずつ引き上げた。完成すると、屋根は幅約90メートル、奥行き約120メートルとなる。

 有明体操競技場の建設現場で、報道陣に公開された屋根のはりの設置作業=7日午前、東京都江東区

 梁には北海道と長野県産のカラマツを使用。屋根を鉄骨でつくる場合に比べて重量が約半分になるため、下部構造をシンプルにでき、コストカットにつながるという。

 約1万2千人収容で、来年10月末に完成予定。パラリンピックではボッチャの会場となる。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

共同通信 ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS