【東京】石井啓一国土交通相は7日、辺野古新基地建設を巡る県の埋め立て承認撤回の効力を一時的に止める決定に際し、国交省の職員がまとめた要点や概要を参考にしたとし「全部は読んでいない。しっかりと審査はした」と明かした。国交省としては、全て読んで判断したことを強調した。