生活習慣病の中には、高血圧や糖尿病などがあげられますが、最近は歯周病もその中に入るようになってきました。歯周病は、歯肉炎と歯周炎に大別されます。

歯の周りについた歯石が原因で歯周病になってしまった歯茎(イラスト・いらすとや)

 炎症のみられる範囲が歯肉に限られている状態が歯肉炎、炎症が歯を支えている歯槽骨まで広がってくると歯周炎です。歯肉炎は、早ければ中高校生から発症し、30歳代になると歯周炎が発症し始め、40~50歳代の働き盛りの頃に進行していくと考えられています。

 歯肉炎の主な症状は、歯肉が赤く腫れぼったい感じになり、触ったりあるいはブラッシングなどで、容易に出血する状態です。その状態が進行すると歯肉が腫れあがったり、痛みを感じたり出血や膿(うみ)が歯の周辺歯肉から出てくることもあります。口臭や歯の動揺などを自覚できることもあります。

 さて、歯周病の直接の原因は歯周病菌による感染症です。歯と歯茎の間に歯垢(しこう)(デンタルプラーク)がたまり、量が増えると歯垢内部では酸素が少なくなり、酸素を嫌う歯周病菌が増えてきます。この歯周病の原因菌が出す毒素が、先ほどの歯茎の症状を起こしてしまうのです。

 また、歯周病菌をためやすい生活習慣も注意が必要です。間食が多い、よくかまずに食べる、軟らかいものを好んで食べる、ストレスをためやすい、喫煙習慣がある、食べた後に歯磨きしないで寝てしまう-。これらの生活習慣は、歯周病を悪化させる大きな誘因となります。

 さらに、風邪をひく、深酒をする、寝不足や仕事のストレスなどにより、体の免疫力が下がってくると、急に歯肉が腫れて痛むなどの急性症状を引き起こすことがあります。このような体の免疫力の低下も、歯周病を悪化させる誘因となります。

 歯周病の予防、そして、健康管理の意味でもかかりつけ歯科医院にて、歯と歯茎の状態を見てもらい、ご相談やアドバイスを受けてみましょう。(仲村 将健 大道歯科医院)