困窮世帯の子どもを支援しようと、通販カタログ誌「通販生活」を発行するカタログハウス(本社・東京都)が、インターネットの売り上げの1%を、子どもの貧困支援活動をする団体に寄付する取り組みを進めている。