琉球銀行(川上康頭取)は8日、2019年3月期中間決算(子会社6社連結)を発表した。売上高に当たる経常収益は、株式や外国債の売却益が減少したため、前年同期比3・2%減の301億4500万円だった。経常利益は、26・1%減の43億3900万円。