がちゆんの業務停止を受け、平和学習プログラムを提供する沖縄県内の事業者や修学旅行に来る予定の県外の学校からは「期待していただけに残念」「“質より量”のやり方には疑問があった」などさまざまな声が上がった。