沖縄空手

絆を深め型鍛錬 順道館開設65年大会 21カ国から200人

2018年11月9日 12:03

 順道館(那覇市、宮里善博館長)開設65周年記念大会が8日、豊見城市の沖縄空手会館で始まった。沖縄空手剛柔流の開祖・宮城長順氏の没後65周年と順道館の開設者・宮里栄一氏の没後20周年を機会に開催。空手セミナーには21カ国から200人以上が参加し、伝統的な技を学んだ。セミナーは10日まで。

基本的な型を確認する世界中の空手家たち=8日、豊見城市豊見城・沖縄空手会館

 セミナーでは、米国やチリ、オーストラリア、中国や南アフリカなど全大陸から参加。下段払いや上段突きなどの動作や基本的な型の分解(運用)を師範が説明し、全員で実践した。

 フランスのマデリン・パピエニカさん(52)は空手歴21年で、順道館とは家族のような絆を感じている。「沖縄空手は伝統的な技を守っているのが良い。セミナーで型の歴史や意味などを深く理解したい」と意気込んだ。

 アルゼンチンのパブロ・スクルージさん(54)は道場生徒でダウン症のハビエル・ロペスさん(43)と参加。ハビエルさんは練習態度が非常に真面目で、パブロさんは「沖縄で技を学び、自国で他の生徒の手本になってほしい」と期待した。

 10日午後2時半からは同会館で演武大会、11日午後6時から那覇市のホテルロイヤルオリオンで記念式典が開かれる。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

関連リンク
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
注目トピックス
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
お陰様で11周年目を迎えます。 今年も受講生が期待できるテーマを準備して引き続き開催致します。
食の多様性で観光立県 県内の取り組みをご紹介!
食の多様性で観光立県 県内の取り組みをご紹介!
国際観光都市を目指す沖縄。食の多様性への対応が求められています。その最前線を取材!
LINE@公式アカウント紹介企画
LINE@公式アカウント紹介企画
企業や団体の「LINE@」を紹介! 友だち追加でお得な情報やクーポンをゲットしよう!!
しまくとぅば広告
しまくとぅば広告
消滅の危機にある「しまくとぅば」をもっと使おう!
週刊沖縄空手が読み放題
週刊沖縄空手が読み放題
空手発祥の地・沖縄から毎週発信! 電子版で「週刊沖縄空手」が世界のどこでも読めます。
今日もがっつり!運転手メシ
今日もがっつり!運転手メシ
沖縄タイムスの運転手がつづるグルメブログ。「安い」「おいしい」「腹いっぱい」の食堂や総菜屋さんを紹介します。
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします