人数が少なく孤立しがちな若いがん患者や経験者が思いを語り合う場が、沖縄県内で始動している。8月に立ち上がったのは20~40代でつくる若年性がん患者会「Be style」。恋愛や仕事、子育てなど世代独特の悩みや希望を共有し、自分らしく歩んでいきたいとの願いを込める。