宮古島島内の飲食店に新たなグルメの開発を促す第2回宮古島うまむぬ杯(主催・宮古島調理師会、りっぷる)の結果発表が10月28日、JTAドーム宮古島であり、市平良東仲宗根のたまご家「おかん」のスープカレーがグランプリに選ばれた。昨年の第1回大会でもグランプリを獲得しており大会2連覇となった。

グランプリに選ばれた、たまご家おかんの「島豆腐スープカレー」

第2回宮古島うまむぬ杯でグランプリを獲得した、たまご家「おかん」の神原紀美代さん(後列左から2人目)、店主の知明さん(中央)=10月28日、JTAドーム宮古島

グランプリに選ばれた、たまご家おかんの「島豆腐スープカレー」 第2回宮古島うまむぬ杯でグランプリを獲得した、たまご家「おかん」の神原紀美代さん(後列左から2人目)、店主の知明さん(中央)=10月28日、JTAドーム宮古島

 「島豆腐」を具材にした新たなメニューをテーマに43店舗が45点のグルメを開発。9月1日から10月20日までの50日間、各店舗で提供し、客がQRコードか店舗の投票箱に票を投じた。

 調理担当の神原紀美代さん(53)は「ひと目で島豆腐だと分かるよう大きくし、和風だしでカレーと合うように工夫した。まさか2年連続で選ばれるとは思わなかった」と驚いた様子。店主の知明さん(56)は「北海道出身者の意見を聞いて試行錯誤してできた。応援してくれたお客さまのおかげ」と喜んだ。グランプリメニューは店舗で味わうことができる。価格は800円。

 準グランプリは和ぱすた笑伊和囲(堀川悟代表)、居酒屋とんとん(寄川弘正代表)だった。