【平安名純代・米国特約記者】米西部カリフォルニア州ロサンゼルス郊外のバーで12人が殺害された銃乱射事件で8日、死亡した容疑者の男(28)は沖縄駐留経験のある元海兵隊員で、軍務による心的外傷後ストレス障害(PTSD)を患っていた可能性があることが分かった。