50年前の1968年11月10日、沖縄の人々が初めて投票で琉球政府の行政主席を選んだ主席公選。米軍占領下の圧政の中で自治権の拡大を求めて奔走した県民は「勝ち取った権利だ」と振り返る。