県内流通大手のサンエー(宜野湾市、上地哲誠社長)が、長袖かりゆしウエアの品ぞろえを強化している。衣料品製造販売のパイプニット(うるま市)と開発した男性用の「ノーアイロン長袖かりゆしウエア」も10月末に発売。すでに約300枚が売れ、好調という。

ノーアイロン長袖かりゆしウエアをPRするサンエーの糸数マネージャー(右)とパイプニットの瑞慶覧昭専務=9日、サンエー那覇メインプレイス

 同商品は伸縮性と速乾性を備えたニット素材で、しわになりにくいのが特徴。価格もS~LLが4980円、3L~5Lが5480円と、従来品より低く抑えた。「かりゆしウエアは高い」との消費者の声を受け、手頃な価格で普及を図ろうと開発した。

 紳士事業部の糸数昌哉マネージャーは「かりゆしウエアが年間を通して県民のビジネスウエアになる日も近い。作り手と一緒に盛り上げていきたい」と語った。