琉球銀行(川上康頭取)は12日、クレジットカードやスマートフォンで決済できる飲食店などを増やすため、石垣、宮古、久米島の商工会議所・商工会や観光協会の計5団体と提携したと発表した。団体に加盟する事業者に対し、協会が琉銀に代わって決済端末機の導入を呼び掛ける。