共同通信 ニュース

長谷部選手、難民キャンプ訪問 アテネで子供たちとサッカー

2018年11月13日 09:58

 【アテネ共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に日本代表主将として出場した長谷部誠選手(34)=静岡県藤枝市出身=が12日、ギリシャ・アテネの難民キャンプで約70人の子供たちとサッカーの試合をするなどして交流した。長谷部さんは日本ユニセフ協会の大使を務めるが、難民キャンプを訪れたのは初めて。

 アテネの難民キャンプで、子供たちとボールを追う長谷部誠選手(右端)=12日(共同)

 ユニセフによると、ギリシャにはアフガニスタン、シリアなどからの難民・移民約6万人が暮らす。各地のキャンプには子供も多く、教育が大きな課題になっている。

 この日、訪れたのはアテネ市内のエレオナス・キャンプで約1500人の住民のうち約3分の1が子供という。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

共同通信 ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS