ノーベル賞詩人パブロ・ネルーダらを生んだ詩人の国、チリ。チリと言えば、イースター島のモアイ像と日本でも人気のチリワインが思い浮かぶ。チリと日本の交流は1800年代後半にさかのぼるが、近隣国のアルゼンチン、ブラジル、ペルーと違って移民契約が結ばれず、日本からの移民は非常に少ない。