沖縄食糧(浦添市、中村徹社長)は14~16日の3日間、軽くすすぐだけで炊飯できる「軽洗米」を使った食事を提供する「軽洗米マルシェ」を那覇市久茂地のタイムスビル1階エントランスで開く。

軽洗米マルシェへの来場を呼び掛ける沖縄食糧の(右から)伊佐課長ら=13日、沖縄タイムス社

 午前11時~午後2時のランチタイムは2種類の銘柄を食べ比べできるランチボックス(500円)やもとぶ牛のプレミアム丼(千円)、おにぎり(170円)を販売する。

 午後5時~8時のバータイムでは、軽洗米のおつまみプレートと瑞泉の泡盛などをセット価格(千円)で提供。お酒だけの販売もある。

 みそ汁とご飯のセットを提供してきた「でいご食堂」も含め、タイムスビルでは4回目のイベント。同社の伊佐隼人量販課長は「今回はご飯が主役。しっかりとした粒感とつややかさのあるおいしいお米をぜひ食べてもらいたい」と来場を呼び掛けた。