沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄・県民投票は1月末~2月 玉城デニー知事、認識示す

2018年11月14日 08:46

 【ニューヨークで大野亨恭】玉城デニー知事は、名護市辺野古の新基地建設の是非を問う県民投票に関し、1月末から2月中に実施する方向で検討していることを明らかにした。13日午前(日本時間13日午後)、米ニューヨーク市内で記者団に語った。

国連訪問後、記者団の質問に答える玉城デニー知事=12日午後、米ニューヨークの国連本部前

 玉城氏は投票時期はできるだけ早い時期が望ましいとの考えを示した上で、市町村の準備や県民への周知期間が必要として、「1月末から2月末くらいの間だろう」との認識を示した。

 仮に投票に協力しない市町村があったとしても「尊重されるべきだ」と述べ、拒否する自治体を除いてでも、予定通り実施するべきだとの考えを明らかにした。

 また、県は、実施時期を確定させるため県民投票に賛意を示している市町村に近く意向調査を実施する。市町村議会の開会など、各自治体のスケジュールを確認し、最適な時期を探る考えだ。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS