コワーキングオフィス事業のマッシグラ沖縄タイムス(金子智一社長)は27~29日、那覇市久茂地のタイムスビルで12月1日開業する1号店「howlive(ハウリヴ)沖縄タイムスコワーキングプレイス」のオープニングイベントを開催する。

12月開業の「howlive 沖縄タイムスコワーキングプレイス」を運営するマッシグラ沖縄タイムスの金子智一社長(左)と木下勝彦取締役=13日、那覇市・タイムスビル

 3日間にわたり、経済、社会課題、働き方をテーマにビジネスや研究の最前線で活躍する第一人者、実践者らがそれぞれ登壇し、意見を交わす。テーマと登壇者は次の通り。

 27日【経済】「沖縄経済3・0‥デザインとブランディングから見る沖縄ビジネス最前線」、森下洋次郎氏(フトン巻きのジロー代表)▽糸数剛一氏(リウボウホールディングス会長)▽豊川明佳氏(インターリンク沖縄専務)

 28日【社会課題】「男性と子どもの視点で見た『裸足で逃げる』の世界」、上間陽子氏(琉球大学教授)▽打越正行氏(社会学者)

 29日【働き方】「#SHIFT ITmediaビジネスオンラインプレゼンツ・あなたの働き方を『シフト』する‥時間や場所にとらわれない新時代のワークスタイルとは」、日比谷尚武氏(一般社団法人at Will Work理事)▽普久原朝親氏(日本マイクロソフト人事本部シニアリクルーター)▽金子智一氏(マッシグラ沖縄タイムス社長)

 各回午後6時開演。参加無料、定員60人。申し込みは専用サイト、howlive.jpから。