政府が秘密を守る仕掛けを強化したがるとき、そこには必ず不都合な事実が横たわっている。  1970年代初め、日米両国で、国中を揺るがす事件が起きた。「ペンタゴン・ペーパーズ」と「沖縄密約事件」だ。